0

わくわく組~お手伝い~

先週、自分のことは自分でしていると
ブログでお伝えしましたが、
今週もこんな姿が見られました!!!

保育士が布団を敷いていると
「お布団敷き手伝ってあげようか?」と。

2人が始めているのを見て
「私も手伝うよー」
「手伝っていい?」との声が。

1人ですると何分もかかってしまうお布団敷きが
子どもたちのおかげで
すぐに終わることが出来ました!

以前までは、
「お友だちに手伝ってもらったら?」と言うと
「いやだ!」と
子どもたちなりの小さなプライドがあったようですが
最近では、
「手伝って貰ったほうが早く終わること」
「終わった後に一緒に喜びを感じられること」
などなど学んでいる最中のようです!

お手伝いを通して
「お友だちと協力する楽しさ」
「どうすれば綺麗になるか」など
色々な事を考え、学んでいってほしいですね。

わくわく組 前田

0

ぐんぐん組〜季節の遊び〜

お楽しみ会に向けて、日々劇遊びに取り組んでいる子ども達。

そんな子ども達のリクエストで
みすみ公園へ散歩に行ってきました!

道中の挨拶も元気よく!

公園に到着すると、
すっかり秋冬の景色に変わっていました。

たくさんの秋を見つけ、いろんな遊びを見つけた子ども達。

ステキな笑顔がたくさん見ることができました…!


 

劇遊びを頑張るときは頑張る。
遊ぶ時は思いきり遊ぶ!
そんなメリハリを大事にしていきたいですね。

ぐんぐん組 安樂

0

すくすく組~成長を日々感じて~

入園した頃、、、
 

↑まだまだ小さかった、すくすく組のお友達も、ハイハイできるようになったり、歩けるようになったり、片言の言葉を話せるようになりましたね。
しみじみと、子ども達の成長を身近に感じながら日々感動しながら過ごしています。

恐る恐る芝生の上に座っていた子も

すっかりたくましくなり、今では喜んでお外遊びを楽しんでいます。

また少なかったお友達も、たくさん増えて毎日楽しい笑い声が響き渡っていますよ。

この1年ですっかり心も体も大きくなり、すっかりたくましくなってきたすくすく組の子ども達。
お楽しみ会のステージでは、どんな可愛い姿をで見せてくれるのでしょうか??

室内での練習も、毎日違った姿を見せてくれています。
今日はお返事ができたね」
今日はだるまさんが、ドテってできたね」
今日は眠っていたね(午前睡)」
今日はステージから下りていったね」など、すくすく組の練習に正解はありません。
その日その日の子ども達の姿が花マルです!
ですので、どうか普段の子ども達の様子や姿を見て頂けると嬉しいです。

私たちも本番が楽しみで仕方ありません!!

すくすく組溝口

0

ぽかぽかdays〜給食試食会〜

ぽかぽかでは、給食試食会を行なっています。

見学の際にもよく園の食事の様子を見ていただいていますが、実際どの様な味付けか気になるという声も多いので、良い機会だと思います。

幼児食での提供ですが、まだ離乳食のお子様をお持ちの方も是非食べて参考にしてみてください^^

今回のメニューは、けんちんうどん、わかめご飯、酢の物でした。

きゅうりと人参の酢の物は、子どもにも食べやすい酸味と少し甘めの味付けにしています。

普段なかなか人参が進まないお子さんも、この日は美味しい!とよく食べていましたよ〜

お友達が食べて褒められている姿を見て、私も食べてみようかな〜と食事への意欲に繋がっていました。

食べた後は、満面の笑み^^

みんなで和気藹々。和やかなお食事タイムになりました!

食育にも繋がる試食会、次回は1月に行いたいと思います。

 

担当 中村

0

ぽかぽかdays〜カレンダー作り〜

ぽかぽか月初め恒例のカレンダー作りも11月になり子ども達も楽しく参加できるようになりました。

今回は、足型でキノコを作り、傘の部分にシールを貼ってもらいました。

今までお母さんが作るのを見ていただけの赤ちゃんも、シールを貼ることができるようになり成長を感じました。

ぽかぽかでの活動をきっかけにお家でもやってみよう!という方も多く嬉しいです。

かわいいキノコが完成しました。

シールの貼り方も個性があって面白いなと思います。

12月のカレンダーはクリスマスバージョンで作る予定です!お楽しみに~

担当 中村

 

0

すいすいぐみ~体感~

お昼寝前にこんな会話がありました。

「見て!この恐竜13メートルだって!13メートルってどれくらいかな?」

恐竜の図鑑を見ながらそう言っていました。

 

 

 

 

 

そこで…

 

 

 

 

 

「ほら!あそこに〇〇メートルって書いてあるよ!」と園庭を指さし教えてあげると、

すぐに園庭に出て自分の目でその大きさを実感し、感動していました。

(園庭には25メートルまで表示しています。)

 

 

 

 

 

『ティラノサウルスの体調は13メートル』

 

ただ図鑑を見て学ぶよりも、

体感して分かったこの知識はきっと絶対に忘れないものになるでしょうね。

 

ちなみに…

「重さは〇〇トンだって!」と…。

次は重さを体感できる環境を準備しなくてはいけませんね。

 

すいすいぐみ  山﨑

 

0

わくわく組~レベルアップ~

わくわく組さんになってもう早8ヶ月が過ぎようとしています。

早いですね、、、。

この写真を見てもわかるように
少しずつ自分のことは自分で出来るようになってきているわくわく組さん。

ただ畳むだけじゃなくて
「綺麗に!」を目標に
少しずつレベルアップしています。

初めは、「できないよー」の
一点張りだった子どもたちも
今ではお友だちの分もしてあげようとしてくれています。

子どもたちが「自分のことを自分で出来る」ようになるために大切なことは
子どもの行動を変えることよりも
私たち大人の関わり方なのではないかなと思います。

今までは、手伝っていた着替えや身支度も、
少し距離を置いてみて
子どもたちが自分で考え、行動出来る環境を作ってあげることで、
自分で自分のことをする機会や、
どうやってしようかなと考える時間が、
自然と増えていくんだと思います。

もし、自分たちで考えてもわからない時には
必ず「手伝って」と頼んでくると思います。
その時は、「こんな事も出来ないの?」と言わず
手伝ってあげてくださいね!

これからも子どもたちと
良い距離感を持って過ごしていこうと思います!

 

わくわく組 前田

0

にこにこ組~洗濯バサミ遊び~

お楽しみ会に向けて、歌やダンスの練習を頑張っているにこにこ組さんです。

昨日のリハーサルでも、泣くこともなく、笑顔いっぱいで歌やダンスを披露することができました!お家でもたくさん褒めてあげてくださいね♪

最近、保護者の皆様からの連絡ノートに「最近話せる言葉が増えてきて嬉しいです」「子どもと会話ができるようになってきました!」「お手伝いをしてくれるようになって嬉しいです」など、たくさんの成長を感じる文章がよく見られます。

にこにこ組に進級して半年が過ぎ、4月の頃に比べて、出来るようになったことや、子どもの成長を感じることがたくさん増えてきましたね。
言葉だけでなく、遊びの中でも成長を感じることがあります。

進級して間もない頃、よく出していたおもちゃを久しぶりに出してみました。その頃は、洗濯バサミを上手く掴むことが出来ず、洗濯バサミをジャラジャラさせて遊んだり、ラミネートしてあるキャラクターを持って遊ぶことが多かったのですが…

今では手先も器用になり、1つの遊びに集中して遊べるようになっています。片手で掴めない子もどうにか子どもたちなりに試行錯誤しながらも、洗濯バサミを掴んで、自分の洋服や指にも挟めて楽しんでいます。

できることが増えると私達も嬉しいですが、1番は子どもたちが嬉しいと感じていると思います。その子どもたちが感じた「嬉しい!」「できた!」という気持ちを大切にし、これからも挑戦する姿を見守っていきたいですね。

にこにこ組  柳

0

ぐんぐん組~登り棒~

最近、八角ジムで遊ぶことがブームとなっているぐんぐん組。

 

以前は、上に登って景色を楽しんだり、登れたことを喜んでいた子ども達ですが、楽しみ方が少し変わってきました。

 

なんと、登り棒が人気なんです!

 

上からシュルーっと降りてきたり、

 

下から力いっぱい登ってみたり、

 

誰が長く掴まっていられるか対決したり、毎日いろいろな挑戦が繰り広げられています。

 

「先生、見とってね」と、できるようになったことを嬉しそうに教えてくれます。反対に、まだ自分ができないことを友だちがやっていると、憧れの視線で見つめつつも、負けたくない!という気持ちから、挑戦意欲も掻き立てられます。

 

刺激し合いながら、少しずつ自信をつけている子ども達です。やる気と自信、そしてできた喜びから、遊びの幅をどんどん広げていますよ。

 

いつもより少し早くお迎えに行けそうなとき、時間に余裕があるとき。そんな日はぜひ!園庭での遊びも覗きにいらして下さいね。

 

ぐんぐん  峰

0

すくすく組の1日〜見立て遊びの始まり〜

前回は砂場でのスコップを使う様子をお伝えしましたが、今回は室内遊びでのひとこまをお伝えします。

1歳児クラスから借りてきたコップとジュースのままごと。何故かペットボトルで作ったジュースをコップに逆さまにして入れています。何度も元に戻しても、また逆さまに入れるので、子どもの様子を良く見てみると…


どうやら、子ども達はコップにジュースを注いでいるようなのです。ペットボトルが大きく、片手で支えることが難しかったので、コップに逆さまに入れたようです。

この逆さまのジュース、子ども達の世界観の中では、ジュースごっことして成り立っていたのですね。数人が集まり、美味しそうにジュースを飲む真似をしている様子を見て、見立て遊びを楽しんでいるのを感じました。

これから季節は冬へ向かい、室内遊びが盛んになります。ままごと遊びを取り入れて、遊びを膨らませていこうと思います。

すくすく組 前田

0

のびのびぐみ~どんな遊びになるかな?~

こんにちは。

今日は最近お部屋でブームの廃材を使った遊びを紹介します。

まずは牛乳パック!底の部分を桃太郎のきび団子入れに使用し、残りの部分で遊んでみました。

保育者が“こうやって遊ぶんだよ”等は何も言わず、子どもたちとどう遊ぼうか一緒に考えてみました!

積み重ねたり

手足につけて変身したり

動物のトンネルにしたり

お手紙や絵本、携帯電話にしたりと色んなものに変化して遊んでいました。

そこにお友だちもいることで、ごっこ遊びが成立して楽しい遊びになりました。

 

次は紙コップ!

一度お散歩の時に使用しましたが、洗って乾かし、遊びとして再利用しました。

まずは積み重ねたり沢山並べたり

洗濯バサミを挟んで繋げたり、中に洗濯バサミを入れてジュースやさんになったり

これまた色んな遊びへと発展しました。

誰かが『お誕生日よ!』と言えば、色とりどりの紙コップのジュースを囲んでお誕生会が始まり、歌を歌ってかんぱーい!!

とても微笑ましい光景です。

身近にある何気ない素材で、こんなに好奇心を刺激して遊び作って広げられる…!

本当に子どもたちは遊びの天才です!

次はどんな素材でどんな遊びを見つけてくれるか、大人も見つけるのが楽しみになりますね。

 

尾崎

0

すいすい組の1日~不思議な発見~

火曜日、戸外でブランコやシャボン玉で遊んでいると
「わー、すごい!」
「先生、来てー!」
と呼ばれたので行ってみると

なんとシャボン玉が割れずに地面に残ったままだったのです!
月曜日の雨の影響で地面が湿ったままだったお陰か
シャボン玉が地面に落ちても割れないという不思議な発見をしたすいすい組。

その後、この発見に興味を持った子ども達でシャボン玉を沢山地面に吹きかけると

なんとも綺麗な泡の塊が出来上がりました!

「なんか、カエルの卵みたい!」
「綺麗な山だよ!」
と色々な意見が出ていましたが
シャボン玉をしていた子ども達は皆、とても満足気な表情をしていました。

偶然見つけた不思議な発見が、普段のシャボン玉をより楽しめる要素になったようでした。

すいすい組 岩永

5 / 153« 先頭...456...10...最後 »