0

すくすく組〜楽器遊び〜

音楽や歌が大好きでピアノの音に合わせて動くリトミックがとても上手になってきているすくすく組の子ども達。

今回はリトミックをした後に楽器遊びを楽しみました。

いつも使っている鈴に加えて太鼓や木琴などの楽器を用意しました。普段目にすることがない楽器に興味津々な子ども達!大きな太鼓を保育者が叩いて見せるとその音と迫力に最初はびっくりして離れていたところから見ていたお友達も次第に慣れ自分から少しずつ近づいて行き、バチを持って叩く姿も見られました。

歌に合わせて鈴を鳴らしたり

お友達と一緒に太鼓を叩いたり

子ども同士の関わりも多く見られ、好きな楽器を選んで楽器遊びを楽しんでいましたよ。

 これからも色々な楽器を使って音楽遊びを楽しみたいと思います!

すくすく組 井手

0

すくすく組〜お集まり〜

最近、お集まりなどで絵本を読んだり保育者が話をしている時にきちんと座ってお話を聞くことができているすくすく組さん。

何が始まるんだろう?楽しみだな!そんな表情で聞いています。

 

 

絵本の中に引き込まれていく子どもたちは、座って聞いているものの、
「だるまさんが」のような表現遊びの詰まったお話では思わず立ち上がり体いっぱいで表現します。

こんなありのままをありのままに表現できるすくすくさん。

純粋な心を待ち続けてほしいですね。

 

すくすく組 井手

0

ぐんぐん組~町探検~

昨日は、ぐんぐん組27名全員揃ったので久しぶりに『町探検』に行ってきました。
道路では、カマキリやどんぐりを見つけて歩き目がキラキラの子ども達。
保育者のサプライズで、休憩場所はなんと『恐竜公園』
子ども達の反応は「え?遊んでいいの???」
と言う声が聞こえてきましたよ!!
少しの時間ではありましたが、思い切り遊び、思い切り楽しむみんなに嬉しくなる担任でした。
明日は遂にお楽しみ会!
楽しみながら練習の成果をお見せできますように。
ぐんぐん組 嶺岡
0

わくわく組~教え合う~

園庭にある八角ジムの登り棒をなかなか降りられない女の子。

 

 

 

すると友達がやって来て「こうするんだよ。」とお手本を見せ始めました。

 

 

また別の子が来て、「私もできるよ。」

 

 

少し目を離している間に出来るようになっていました。

このような場合、私たちは見守りながらも、援助は行いません。子ども達同士の方がうまくいくのです。友達の姿をみて「やってみたい→出来そう→できた」これが遊びの法則です。

 

わくわく組  近江

0

のびのび組の一日~折り紙~

クリスマスツリーを見つけて喜ぶのびのび組さん、リースも出来上がって

クリスマスが来るのを楽しみにしていますよ。

 

今日は折り紙でトナカイを折りました!

説明を聞きながら、真剣に折る子ども達。

端と端を合わせて折るのが難しい時もありますが 、

お友達や保育者の手を借りて頑張って折っています。

折り方が分からない時は、 「ここどうするの?」と聞いたり、

お友達に手伝ってもらう姿も見られました。

子ども同士でも出来ることが増えているので、成長を感じました。

目や鼻も上手に書けていましたよ。

 

出来上がると満足顔の子ども達。 お部屋に飾りますので、ご覧ください。

のびのび組 黒崎

0

すいすい組~明日はお楽しみ会~

いよいよ明日は、お楽しみ会です。

こども園生活最後のお楽しみ会。子ども達はもちろんのこと、保護者の皆様も特別な思いがあるのではないでしょうか。

すいすい組の演目は、《泣いた赤鬼》の劇。絵本からこの物語に親しみ、自分達のことと重ね合わせて考えて、《劇遊び》として表現しながら、みんなで作り上げてきたお話です。

 

劇遊びを楽しむ中でも、、

・人前に立つことが苦手だった子が、堂々と台詞を言えるようになったり…。

・台詞や出番を自分達で教え合ったり…。

・「〇〇くん、頑張ってたね」と友達の努力、頑張りを認めることができたり…。

一人一人の成長と、クラスとしての成長が感じられました。

 

友達を思うこと、思われること。いつも隣にいてくれる友達の存在を改めて考えてみること。当たり前に感謝すること。色々なことを考えながら、みんなで励まし合い、成長してきたすいすい組です。

 

まだまだこれで終わりではありませんが、明日の劇や歌を通して、これまでの成長を認め、これからの成長も楽しみにして頂けると嬉しいです。

 

明日という日を、みんなが元気に!楽しみに!迎えられますように。

最後まで温かく見守って下さいね。

すいすい 峰

 

0

すいすい組~些細な楽しみ~

すいすい組には、毎日のちょっとした楽しみがあります。

 

それは、夕方のお集まりで《シール帳》を返す時のことです。

保育者が名前を呼び、子ども達が取りに来るのですが、その名前の呼び方に私達のちょっとした楽しみがあるんです。

 

「反対から読んで〜!」「バラバラ読みがいいな」「今日は英語で」というように、子ども達からリクエストが入ります。

例えば《ながさき たろう》という名前であれば… 反対から《うろた きさがな》、バラバラに《たかきうろさな》、お洒落に《タロー ナガサキ》というように、名前の呼び方を変えていきます。

 

どんな呼び方であれ、子ども達はすぐに反応してシール帳を取りに来ます。自分の名前だけでなく、「あ!〇〇ちゃんだ」と友達の名前にも反応が早いんです。耳を澄ませてよく聞き、頭をフル回転して考えているんです。

 

絵本を読んだり、手紙を書いたり。日常の色々な場面で、自然に文字への興味を広げている子ども達だからこその楽しみ方です。

 

こんな日常の些細な時間さえも、子ども達は楽しみながら学んでいます。そう考えると“車内、お風呂、食事”といった毎日の当たり前の時間も、ほんの少しの楽しむ気持ちで何倍にも膨らんでいきそうですよね。

これからも子ども達と一緒に《ちょっとした楽しみ》をたくさん見つけていきたいです。

すいすい 峰

0

ぐんぐん組の一日~好きな絵本シリーズ②~

以前、保育者の好きな絵本を子ども達に紹介したというブログを覚えていますか?

その当時はバムとケロのシリーズを子ども達に紹介しました。

お集まりの際にバムとケロのシリーズを読むと「せんせいのすきなえほんだ!」とすぐに気づいてくれるようになりました。

それからも度々子ども達に好きな絵本シリーズを紹介していたのですが、その頃に比べ、成長を感じたことがあります。

最近は、『鈴木のりたけ』さんや『みやしにたつや』さんの絵本を子ども達に紹介しているのですが、作者名をいうと子ども達が「あ!その人⚪︎⚪︎(題名)のえほんもかいてるひとだよね!」と題名を次々に答えてくれました。

この2名の絵本以外も、絵本の雰囲気と作者名を一緒に覚えて欲しいので、絵本を読む際には題名と作者名を伝えています。

「おぼえてね!」と言わなくてもあるひと工夫で子ども達が意欲的に覚えてくれたことがとても嬉しかったです。

好きな絵本を紹介するときは、読み手側も嬉しい気持ちになりますし、聞き手側もいつもよりも真剣にみてくれているような気がしました。

字を読めなくても楽しめる絵本もたくさんあります。

これからも子ども達にたくさんの絵本を紹介し、色んな視点で絵本を読み楽しんでほしいなと感じた1日でした。

 

ぐんぐん組   柳

0

にこにこ組の一日〜真似っこ〜

真似っこが大好きなにこにこ組さん。

毎朝気付いたら小さなお手伝いさんが

背伸びしながら、窓拭きをしてくれています。

微笑ましい姿です。

保育者がしていることをよく見ている証拠ですね。

綺麗になった喜びや「ありがとう」と感謝される嬉しさを感じているようでした。

次はどんな真似っこ見せてくれるか楽しみです。

中村久

 

0

のびのび組の一日~ブロック遊び~

幼児クラスのブロックで遊びました!

のびのび組には大きめのレゴブロックがあり、よく遊んでいますが、幼児クラスのレゴブロックは小さいブロックです。

ブロックがたくさんあるのを見つけたのびのび組さん、気がつくと多くの子ども達が興味を持ち、ブロックで遊び始めていました。

それぞれに想像力を働かせながら、お家など自分の作りたいものを作っていました。

「ここにはめよう!」 と、一緒に1つの物を作る姿もありましたよ。

みんなで作ると楽しさも倍増のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お兄ちゃんクラスでは「こんな遊びもあるんだ!」と少しずつ興味を持てるといいなと思っています。

のびのび組 黒崎

0

ぽかぽかDay’s「親子で手形アート」

今日はたくさんのご参加ありがとうございました。

親子で手形アートをしました。「ゾウ」「フラミンゴ」「金魚」「花束」と好きな題材を選んで頂きました。

小さい手形と大きい手形を組み合わせて素敵な♡親子の手形アートが出来上がりました。

最後に全員で「ハイ・ポーズ!!」

お家にぜひ飾ってくださいね♪

ぽかぽか   深堀

 

 

 

0

にっこり子育て新聞第8号!

朝晩は冷え込んで、お布団が恋しい季節になりました。

街は次第にクリスマスの彩りで華やかになってきましたね。

さて子育て新聞も第8号になりました。

手書きでの温かさをお届けできればと発行しています。

来週はいよいよ幼児組のお楽しみ会ですね。

お子様の成長を発表や展示から感じもらえると嬉しいです。

まだまだ健やかプロジェクトのご参加お待ちしています。

中村久