0

園長の気持ち ~しんらい~

昨日からの続きです・・・

保育の原理も方法も根本は同じです。

方法では「子どもが安心感と信頼感を持って活動できるよう、子どもの主体としての思いや願いを受け止めること」と

明確に示されています。 安心感と信頼感を持って活動できるようにするためには、子どもの主体としての思いや願いを受け止めること・・・!

自分の気持ちが聞いてもらえること、

遊びたい遊びが自分で選べること、

するとか、しないとか、どうするとか、自分の思いを保障されていること・・・

つまり保育(育児)の中で、はぐくむ安心感と信頼感は、昨日の分と重複になりますが「思い、願い」を受け止めることで生じる、子どもが感じる感性だといえます。

だから子どもと一緒にいるから信頼感があるとか・・・

担任だから・・・

という形式だけで築けるものではなく、子どもの気持ちを受け止めることができる、受け止めようとする人とのみ、安心感と信頼感を築けるのだと思います。

そういう意味では、親が一番、一人の子どもとして受け止めることができる一番身近な存在だと思います。

そして保育園は子どもの気持ちがちゃんと発信できる、言うことが出来る、素直でいれる場所を目指しています、そして私たちは発信した気持ちを見逃さず、聞き逃さず、受け止めていきながら安心感と信頼感を築いています。

そんな温かい雰囲気に溢れる保育園であり続けることを目指します。   園長でした。

※諸事情により、明日からしばらく園長の気持ちはお休みします。 来週、会いましょう!

0

すいすいぐみ~昔遊び~

いきなりですが、何をしているのでしょうか?(正解率95%)

 

 

 

img_2964

そうです。だるまさんがころんだです。最近夕方の園庭でよく見られる光景です。

 

 

 

img_2966

誰が声を掛けた訳でなく、自然と始まり、友達が一人また一人と仲間に入っていきます。そして大きな集団遊びへと発展していくのです。

 

 

img_2969

img_2973img_2974img_2977

次の日も、場所を変えて遊んでいました。

 

 

 

 

しかし、途中で氷鬼ごっこをしたい数人との対立が始まりました。子どもたち同士で話し合いをして、子どもたちは自分で考え、自分で選択します。

 

 

 

 

でもやっぱり大勢で遊ぶのが楽しいのでしょうね。鬼ごっこチームも「だるまさんが転んだ」の輪の中に戻っていました(笑)

最近は様々な遊具や玩具がないと遊べない子がいますが、あたごの子どもたちは、いま自分がいる環境を活かしながら自分たちで遊びを発展させることができます。そうしながらたくましく成長していくすいすいキッズでした!!!

すいすいぐみ  近江

0

園長の気持ち ~信頼~

信頼・・・という言葉は乳幼児教育の中ではよく用いられる言葉です。

保育原理の保育目標の中にも、「人との関わりの中で、人に対する愛情と信頼感、そして人権を大切にする心を育てるとともに・・・」、保育の方法の中でも「一人ひとりの子どもの状況や家庭及び地域社会での生活の実態を把握するとともに、子どもが安心感と信頼感をもって活動できるよう・・・」、そして職員の資質向上に関する基本事項にも「職員同士の信頼関係とともに職員と子ども及び職員と保護者との信頼関係を形成していく中で・・・」と原理、方法、職員の資質のどの部分においても信頼関係が重要であることが伺えます。

そんな大事な信頼関係をどのように結べばいいのでしょうか? または築くべきなのでしょうか?

1つ1つ大事な部分から考えてみます。

まず保育の原理の中の愛情と信頼感は、冒頭にもあるように「人との関わりの中で・・」育むものだと書かれています。

お腹がすいて泣いた・・・

転んで泣いた・・・

○○ができた・・・

△△を一緒にした・・・

いろんな関わりの中での受け入れられた関わり、「大丈夫だよ」と慰めてくれた関わり、一緒に楽しんだ喜び、たいしたことないことでも自分のことのように喜んでくれた笑顔など・・・

つまりありのままの気持ちを受け入れられること、感じた喜びを共感してくれたことが、子どもたちに対する愛情と信頼感に繋がるのだと思います。

「これはいい!」「これはだめ!」 ○×という判定者ではなく、ともに感じあってくれる共感者であることが、保育を行なううえでの原則なんだと感じます。

それは育児においても同じではないでしょうか・・・                      つづく  園長でした。

 

0

にこにこぐみ ~いっしょに♡いっしょね♡~

町はクリスマス一色✨にこにこ組さんでも今週、クリスマスの歌を歌ったり、楽器で合奏したり、サンタさんが出てくる絵本を読んで、クリスマスを待ちわびるウキウキするような雰囲気を味わっているところです❤️

『サンタさんが見てるよ!』
『サンタさんから、お菓子もらうとよ』
と、会話にもよく出てくるようになりました‼️
あと2週間、みーんなで首を長くして😆ワクワクしながら待ちたいと思います❗️
さて、今週は『いっしょね〜😄』『いっしょにしよう😆』と、仲良しこよしな微笑ましい光景をたーくさん見つけました✌️
img_1437img_1442
どちらの写真も、『いっしょね‼️』と持っていたボール、砂の入ったカップをくっつけ合ってニッコリ😋
同じ物を持ってることに気づき、なんだかそれだけで嬉しい❤️といった様子で、
『いっしょね〜‼️』
『いっしょね〜‼️』と言葉を交わしていましたよ😙
こちらは…
img_1501
3人が仲良く手をつないで、キャッキャと楽しそうにしていると、、、
ピンクのジャンバーを着たすくすく組のお友達がジー👀っと見ていました❗️
すると!!
『おいで!手つなごう!』と誘ってくれたお友達が‼️
img_1506
相手の表情を見て、どんな気持ちでいるのか読みとって声をかけてくれたんだと思います‼️その優しさに❤️そのほのぼのした光景に❤️癒されました。
優しい気持ちがうんと育っていますね❤️
もう一つ‼️
img_1519
バスに乗ってお出かけ気分な4人❗️大きなバックを持って、どこに行くんでしょうかね😋
実はここに至るまで、
ぼくが前!
おさないで!
ここ、ぼくの席だったのに!
と、すったもんだあったんです😅
それが最後は、この楽しそうなお顔に❤️
すったもんだあった分、分かり合えた‼️許し合えた‼️そんな思いが楽しさを倍増させたように見ていて感じました❗️
保育園で生活していると、今回のようなすったもんだするようなやりとりがたーくさん見られます‼️
ぼくもしたいのに!
わたしがもってたのに!と、
この時期の子どもたちのすったもんだは物や場所のとりあいがほとんどです❗️
たくさんのお友達と過ごしていますから当然のことですよね!
それでも、最近のにこにこさんは、『かして』と言ったり、『これがほしいと?こっち?』と相手と交渉するようなやりとりも増えているんです❤️そのやりとりに成長を感じています❗️
img_1463
こちらの写真も、順番をしっかり待ってますね‼️
保育園生活は、家庭で過ごすよりもきっと、いろんな場面で譲ったり、我慢したり、と小さいながらにたくさんの葛藤と闘っていることでしょう!
思い通りにならないこともあるはずです。
私たちも、そんな姿を見つけたら
『我慢してえらかったね!』
『譲ってくれたの?ありがとう』
と必ず声をかけるよう意識しています。
その一言があるかないかで、子どもの心に残るものが大きく違うと思うんです。
おうちに帰ってからは、ぎゅーっと抱きしめてパワー注入をお願いしますね‼️
ひとつひとつ乗り越えて、優しい心、耐える強い心が大きく育っていきますように❤️
来週は、にこにこクリスマス演奏会を開催予定です❤️
木曜日はお弁当の日となっていますので、よろしくお願いします。
それでは、また来週もお楽しみに‼️
多田
0

いろんな遊びに挑戦中〜すくすくぐみ〜

12月の華やいだ雰囲気を楽しむように、部屋の中に飾られたクリスマスの飾りを

指差して楽しむ子供が増えてきました☺

新しい3人のお友達も、保育園での生活に慣れてきて、

すくすくぐみで過ごすことを楽しんでいるようです❤

今週は、子供達の興味、手の動きなどを考えて、室内のおもちゃ等を変えてみました✨

男の子達に人気の電車、ページやをめくる楽しみのある絵本、長く繋げられるブロック、

ペタペタとくっつけるマグネット。子供達の成長を考えて準備してみました❗

時間の経つのも忘れて、手に取って楽しんでいますよ。好きな遊びを見つけ、

満足するまで遊びこむことができるようになっているんですね😆

すくすくぐみの部屋だけでなく、のびのびぐみにもお邪魔してみました❗

キッチンのおもちゃが大人気でしたよ。

お家でママのお料理する様子をよくみているのでしょうね。

ますます寒さが厳しくなりますが、保育園の中でもまだまだ楽しいことが

沢山ありそうです😉

来週はどんなことに挑戦できるかな?                                  すくすくぐみ  前田

dscf6084 dscf6074 dscf6077

 

0

のびのび~してあげる♡~

日中もグンと寒くなった今週
朝から「手冷たいよー🙌」と保育士に
ピトッと手をくっつけてくる子ども達です😁

寒い中でも、お外で元気に遊んでいますよ!

cimg6492

 

 

 

 

 

 

今週は「助け合い」について書きたいとおもいます✏️
最近子ども達にとって、ちょっぴり苦戦しているのが…
「ジャンバーのチャック閉め」です👍🏻✨
脱いで上着掛けにかける時は上手くいっても、
自分が着てチャックをあげるのは、なかなか難しいようです💦
早くお外に行きたいのに、チャックが上がらないから行けない…
頑張ってるのにチャックが上がらない…
もやもやもや〜っと子ども達の顔も
どんどん沈んでいきます😭
「あ〜してあげたい…でも…もうちょっとだ!自分で頑張れー💪🏻」
と保育士も心の中で応援&葛藤をしています😭👍🏻
ちょっと待ってみると「あ❤️できた〜」と嬉しそうな声も
聞こえてきますよ😊💖大人に手伝ってもらってできた嬉しさよりも、
自分で頑張って…苦戦してできた嬉しさだと
嬉しさが何倍も何百倍も大きいようです😎❤️
達成感や「私にもできる」という自信も味わえていますよね(*´꒳`*)
でもまだまだ苦戦中の子も!
そんな時は「手伝って〜😭」とヘルプサイン✋🏻!
すると、自分で出来た子がスッとやってきて
手伝ってくれます(*゚∀゚*)❤️

cimg6479

 

 

 

 

 

 

自然と子ども達同士で助け合っていますよ❤️
してあげる方も、してもらう方も…とっても真剣に
チャックを見つめています!
してもらうことで「こうやって上げるんだな〜」と
見て学んでいる最中かもですね👍🏻
チャックが上まで上がると2人とも自然と笑顔😁💖
早足でお外に出ていきます🎶😍

自分は終わっていて、早くお外に行きたい気持ちも
あるのに、困っているお友達を見て手伝ってくれる
のびのびさん達😊💖💖優しい思いやりの気持ちが
ぐんぐん伸びています(*´꒳`*)こんな場面をみると
本当に嬉しくなってしまいます😭💖

もうあと少しで幼児クラスへの移行も
始まってきます!幼児クラスになると
自分の準備等、自分でしなければいけません✨
朝からも出来るだけ子ども達に準備を
任せてみてくださいね😊✨👍🏻
きっと頑張って準備してくれると思いますよ😍!
もしできなかったら、近くにいるお友達に
ヘルプ!です(*゚∀゚*)一緒に準備してくれますよ❤️

どんどん色んなことにチャレンジ中の
のびのびさん達です!最初から出来ないのが
当たり前です😊出来るまでに個人差も
もちろんあります😊
でもみんなで手助け合っているのでご心配はせずに❤️

冷え込んできて、鼻水がたらたら出ている子が
増えてきました!体調を崩さないように
うがいや手洗い等、対策をとって行きましょう!👍🏻
15日はお弁当の日です(*゚∀゚*)!よろしくお願いします❤️

のびのび  大瀬良

0

ぐんぐんぐみ ~新たな取り組み~

今週も寒さに負けず、元気いっぱいの子ども達でした🌟…とはいえ、長崎でもインフルエンザが出たという情報もあります。感染症が流行しやすい時期ですので、体調管理には十分に注意していきましょうね💪🏻✨

 

 

最近のぐんぐん組さんは、自分の好きな遊びを一人でじっくり…気の合う友達とのんびり…楽しむ姿が見られています🌟

これまで以上に集中して遊び込めるようになっている反面、夢中になりすぎて、お集まりや次の活動に気分を切り替えられないといった姿もちらほら、、、👀

 

 

もちろん、自分の遊びをじっくり、納得のいくまで楽しむことも大切であり、私たち保育士も大切にしている姿です。

しかし、すいすい組さんが少しずつ就学を意識するように、ぐんぐん組も少しずつ年長への進級を意識して、集団意識を高めること。自分だけではなく、周りの人のことも考えて行動すること。などなど、ステップアップするために意識を高めていけたらと考えています😌🌟

 

 

そのため、赤青緑オレンジの4チームに分かれて、簡単な集団行動を始めました💁🏻⭐️

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

誰に頼んだわけでもないですが、自然とチームの中で誰かが前に出て声をかけ、みんなを集めようとします😁

 

自分だけできてたらいい。ではなく、周りの友だちのことも気にかけて、声をかけてリードしてくれる子ども達👫

いつもはマイペースな子ども達も、みんなが集まってる!僕も!私も!と意識して参加できるようになってきました🙆🏻🌟

img_2651

まさに相乗効果❤️一人も大切だけど、せっかくの集団生活の場ですから❤️集団だからこその面白さ、心地よさ、楽しさもたくさん感じてほしいですよね😊🌟

 

 

そんな思いを抱きながら、今週はまずチームの仲間意識を高めるねらいもあって、クラスでいろんなゲームを楽しみました💖

img_2653
帽子とり遊びに

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
三輪車レースに

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
リレーまで😁

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

応援も大盛り上がりです(笑)

走って、笑って、大はしゃぎして、、✨楽しみながら意識を高めていけたらと思っています😆🙌🏻

 

さて、今後どんな変化が見られるのか、楽しみですよね😊子ども達の変化に期待しつつ、必要なところはしっかりフォローしていきたいと思います💪🏻

 

 

それでは、ご家族で楽しい週末をお過ごしください😌

 

ぐんぐんぐみ   峰

0

園長の気持ち ~縦と横の関係~

昨日は、地域の防犯パトロールに出かけてきました。 地域の保護者や小学校の先生方、そして私たち地域の施設が子どもの環境を守ろうという取り組みです。

具体例をあげる前に、保育の中での縦と横について注目してみます。

主に人間関係を表すことが多く、横は同年齢のクラス編成の関係を表わし、縦は異年齢の3,4,5歳児を混合した形でのクラス編成を行なっている園もあります。 地域の中で、または今の日本の社会の中で必要とされているニーズとしては、少子化が進み家庭・地域において異年齢(兄弟姉妹のような)の関係が築きにくくなりました。 そう考えると、子どもの施設としてはそこに人間的、教育的な価値を置くこともあります。 また現在の小学校など学校施設は主に横の生年月日による年齢別のクラス形態で行なうことから、保育園や幼稚園も同様である・・・そんな考えもあります。

考え方によって異なる方法が取れれているのが現状です。どちらがいいかは別として・・・

昨日、小学校へ向かっている途中で、あたご保育園の卒園児と何人かすれ違いました。

「あっ、園長先生だ! どこに行くの?」 と質問攻めです。 その中で学年の枠を越えて、2年生が1年と仲良く話しながら帰宅する姿をみることができました。先輩は頼られ、後輩は先輩がいることで安心している様子です。

あたご保育園で行なっている保育は、主に年齢別のクラス形態はあるものの、その関わりは横あり、縦あり、斜めあり、横縦あり、縦横ありとバリエーションに富んでいます。それは一人ひとりは異なる個という存在であり、決められた集団の中に入れるという感覚ではなく、その個がどう集団を形成していくか? どうすることが個の育ちにとっていい集団なのか?という考えがベースにあります。 そんな繋がりを日々、保障していると小学校に行ってからも、子どもたちは、その関係を広く活用することができます。

私たちが取り組んでいる保育は、関わる年齢の幅は広い分・・・人を感じる、人を見るという感覚が養われているのかもしれません。そう感じる今日この頃です。                園長でした

0

わくわくぐみ~チャレンジのその先に…~

今週は久しぶりに散歩に出掛けました!!

行き先は、
ずっと行ってみたかった「合戦場」

ぐんぐん・すいすいぐみさんがよく行く場所で、花を摘んだり虫を見つけたり……と、とにかく聞いているだけで楽しそうな場所😍

ただ保育園からは少し遠く、わくわくぐみはなかなかチャレンジ出来ずにいました😫

しかし!

以前ブログにも書いたように、お楽しみ会を経て、子ども達はメキメキ成長中✨今のわくわくぐみならチャレンジできるかも!!🤔と担任は思い、決断したのです👍

今までの散歩よりも足を伸ばして行った道の先には、今までにないものが沢山✨
次々通る路線バスに喜び😊

歩く道が「れんがだー!!」と喜び😊
img_8788
橋を見て、渡って喜び😊

目をキラキラ輝かせ、道中楽しんでいましたよ!!

そんななか、合戦場を目前にわくわくぐみに大きな壁が……😭

長い長い、急な坂が立ちはだかります💦

でも、
ずっと行きたかった合戦場✨
その想いは、坂道を登るパワーに変身!!
img_8792

 

img_8791
誰1人、弱音を吐く事なく頂上まで上り、見事に目的地に到着することができましたー🙌
img_8797
片道30分ほどの道のりでしたが、
子ども達のキラキラ輝く目・一生懸命な目・到着出来たことへの達成感で満ち溢れた目……と、様々な眼差しを見ることが出来ました。

行き帰りに時間がかかるため、15分ほどしか公園では遊べませんでしたが、
それでも帰りは十分に満足感でいっぱいな目をしていたわくわくぐみでした。
img_8805

img_8812
念願だった「合戦場」への散歩を経験し、目標達成した子ども達。
その日から何だか一回り大きくなったような気がしたのは、言うまでもありませんね😊

次はちょっと早めに出発し、
公園で沢山あそべるようにしようね👍と、子ども達と約束しました😘

わくわくぐみ

0

すいすいぐみ~お買い物~

明日はわくわく組さんと合同でクッキー作りです。ところが大変!ワックスシートや型抜きが足らないとの緊急連絡がありました。そこで、我らすいすいキッズがセリアまで買い出しに行くことになりました。

 

 

 

img_3000

久しぶりの散歩ですが、列を乱さず、友達との会話を楽しんだり、自然事象を見ながら歩いていましたよ。

 

 

 

img_3002

途中、歩道橋から車の流れを眺めたり・・・

 

 

 

img_3008

卵の直売所に興味を示したり・・・

 

 

 

img_3006img_3003img_3005

セリアに到着すると、自分たちで品物を探します。「あれでもない、これでもない」と、可愛いおもちゃの誘惑にも負けず、ようやく商品をゲット!もちろん、買い物かごも自分たちで持ちます。

 

 

 

img_3007

すいませ~ん、お願いしま~す。

いつも家族と行く買い物。だけど今日の買い物はいつもと違う。周りを見ればすいすいぐみのお友達。わくわく組の先生から頼まれたという使命感!これだけで何だか楽しくなってしまいます。だけど子どもたちは、もっと大切な事をわかっていました。お店とは公共施設。公共施設では、人に迷惑を掛けるような行為をしてはいけない。すいすいキッズはお店に入る直前から、ちゃんとメリーさんになっていましたよ。

すいすいぐみ  近江

0

園長の気持ち ~目~

私たちが子どもの心のあり方(内面)を理解しようとする時、会話だけが方法ではありません。

「どう、感じるの?」

「どう、思うの?」

「嬉しいの? 悲しいの?」

「どうしたいの?など会話が十分に行なえる年齢になれば、会話が一番有効な方法です。

しかし言葉がまだうまくでない・・・

大人しい・・・

恥ずかしがりや・・・

など色んな子がいる中で、必ず行なう方法は、目を見るということです。

昔から目は口ほどに物をいう、ということわざがあるように、目も語る力を持っています。

嬉しい目、悲しい目、怒った目、甘える目、頑張る目、楽しむ目などです。

例えば年齢を重ねるに従い会話が成立します。 方法がより洗練されたという進化ですね。しかし目で語ることや、目をみるという行為を軽く考えてはいけない気がします。

だって言葉は使うものだから、甘えたくても頑張る!と背伸びする時だってあります。 泣きたくても心配掛けないように強がることもあります。心と言葉はいつでも=ではなく、時に意識が強く影響します。

そんな時に、本当はどう感じているのか?

何を求めているのか? を日頃の様子や目を見て、その内面に少しでも近づけるよう見守り続けます。

そんな見守ってくれる人がいるということだけでも、子どもたちは安心して自分を出せるのではないでしょうか・・・

そのように子どもを理解しようとする存在でありたいと思います。 園長でした。

2

園長の気持ち ~適応力~

昨日の続きです・・・・

その全体的な割り合いを上手に利用すると、それぞれの違う一面を引き出すことが出来やすくなるかもしれません。

例えば100人の人がいると、20人は意欲的な人であり、60人は平均的な人、残りの20人はまだまだ課題がある人とします。全体的な平均レベルではバランスが取れていることになります。

しかしよりレベルを上げるために、課題がある20人に注目します。

20人を1つのグループとして会議や集会、仕事の分担を与えると、自然の法則によるとこの20人の中から約2割の意欲的な存在が出てくるはずです。そしてそれにつられるように6割が平均的な伸びを行います。残りの・・・人にも課題があれば再度、このようなサイクルを繰り返して育ちのサイクルを行なうと・・・・

常に課題がある人もいれば、常に意欲的で手本となるような人もいることになります。それは人は新たな環境に対して、どう振舞えばいいのか、どうあるべきか?を常に考えて、適応していく存在であることがいえます。

誰しも長所、短所を持ち合わせています。その短所を短所としてだけではなく、環境を変えると案外、すてきな一面を覗かせるかもしれません。

人は環境に応じて、相応しい役割を担う・・・・

これは子ども達の新たな育ちを引き出す上で、環境構成のヒントになるかもしれません。しばらく・・・検証してみます。

 

園長でした。