0

すいすい組の1日~冬の遊び~

すいすい組の今のブームは、冬ならではのあの遊び
そう、カルタです!

そこで、グループに分かれてカルタ大会行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると思った以上の盛り上がりを見せてくれました。
ひらがなを読める子も増え、読み手に率先してなる子どもや
取ることに燃える子は真剣な表情でカルタと向き合ってました。

カルタの種類も複数あり

 

 

 

 

 

 

オヤジギャグや沖縄の言葉が使われている物ありました。
特に沖縄の方言を聞いた時には
「それどういう意味?」
と、初めて聞く言葉に興味を持つ子もいました。

単にカルタ遊びで盛り上がるだけでなく
言葉を読んだり聞いたりしながら
新しい学びを感じるすいすい組でした!

すいすい組 岩永

0

幼児クラス~クリスマス~

愛宕ピノキオこども園がクリスマス一色になりました!!

 

 

 

 

 

 

年長~年少クラスのクリスマス製作を、 階段踊り場に飾っています。

園の大きな窓から降り注ぐ光が、

すいすいぐみが先日見た影絵から影響を

受け作ったステンドグラスに当たり、

とても幻想的な雰囲気を作っています。

 

 

 

 

 

 

その光の下で、ぐんぐんぐみのサンタさんと わくわくぐみのツリー達が

、クリスマスを心待ちにしているようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛宕ピノキオこども園にも、サンタさんが来るかな……。

もちろん子ども達みんなも楽しみにしています。

 

幼児クラス  山崎

0

すいすいぐみ~「がんばる木・やさしさの木」~

あっという間に今年もあと20日…

そしてすいすいぐみが小学生になるまであと4ヶ月ほどになりました。

お楽しみ会も終わり、すいすいぐみでは
卒園、就学を視野に入れたこんな取り組みをはじめました!!

『がんばるの木(がんばるくん)』


『やさしさの木(やさしーさん)』です。

胸を張って立派な小学生になれるように、
これから日々『がんばったこと』『友達や小さい子に優しくしたこと』を少しでも意識して取り組めるようにと作りました。

毎日夕方のお集まりで1日を振り返り、
『がんばったこと』『優しくしたこと』などを
発表しています。
みんなに聞いてもらい、その姿を認めてもらうことで、また次もやってみよう!!という気持ちになるようです。

その姿の1つひとつが花になり、この木が満開になったらきっと立派な小学生になれるね!!
と話をしています。

まだ始めたばかりですが、
『給食食べるのをがんばった!!』
『先生の話を体操座りで聞くことをがんばった!!』
『お友達におもちゃ譲ってあげた!!』
『わくわくぐみさんの着替えを手伝ってあげた!!』等…
少しずつ、花が実り始めています。

特に『やさしいの木』…
小さい時からいつも一緒で、
それぞれに友達との絆が深まっている分、
いつしか遠慮なくなんでも口に出しがちな子ども達。
その中には時に相手を不快にしてしまう言葉もあります。

『親しき仲にも礼儀あり』

 

『こんなこと言ったら友達はどう思うかな?』
『こんな風に言ったら喜んでくれた!!』

就学前の大事な時だからこそ
“友達の事を思いやる力”を、
この取り組みを通して育んで行きたいと思っています。

4ヶ月後…
すいすいぐみ全員で胸を張って小学生になれるように…。

2本の木は午睡部屋に貼っています。
送迎の際にはぜひ、子ども達と一緒に見て沢山褒めて認めてあげてください。
お家の方々の言葉も、子ども達の心の成長に繋がるはずです!!

家庭と園とのダブルタッグで、
子ども達の成長を支えていきましょうね!!

すいすいぐみ       山崎

0

すいすい組の1日~室内での過ごし方~

今週はなかなかいい天気に恵まれずお部屋で過ごすことが多い一週間でした。

昨日もお部屋の中で過ごしていましたが、子ども達の楽しそうな声で溢れていました。

そんなお部屋の中での過ごし方をご紹介します!

まずはブロックゾーン

カプラというおもちゃでジェンガのように組み立てていく子ども達。

ひとりで黙々と組み立てたり、友だちと協力して組み立てたりしていました。

中には自分の身長より高く積み上げ

周りの友だちから

「すごい!」

「次は一緒に作ろう!」

と、お誘いが出るほどでした。

 

次に製作ゾーン

昨日は小麦粉粘土を用意してみると

伸ばして型を抜いてみたり、伸ばしてこねてピザやクレープを作ったり、

または手触りを感じて遊んでいました。

中には一時間以上机に座り取り組む子までいましたよ。

室内遊び一つにしても、集中力や想像力、協調性や手先の器用さなどの成長を感じる一日でした。

すいすい組 岩永

0

すいすいぐみ~光と影~

先日観劇したシルエット劇場。

影絵ならではの影と鮮やかな光とのコントラストに、子ども達も魅了されていました。

そしてその感動を覚えている間に、
『影と光の不思議』をより感じてもらおうと
こんなものを用意しました。

もちろん子ども達はすぐに夢中になりました。

製作で使ったカラーセロファンを用いて
壁に色を付けてみたり、

いつも遊んでいる線路だって、
影になると別の物に見えるようです。

遊んでいるうちに、
影が大きくなったり小さくなったりすることも
知りました。

同時に行った『クリスマス製作』でも、
こんな綺麗な作品が出来上がっています。

作った作品にも懐中電灯をあてると…

『うわーーーーー!!』

歓声が起きました。

調べてみると、この『光と影』の学習は
小学校3年生の理科で習うようです。
子ども達は今回の観劇から、小学校で習う基礎の知識を、遊びながら学ぶことが出来ました。

子ども達の発見の先には学びがあります。
大きな発見も小さな発見も見逃さず、
学びの機会を多く持てるような環境作りをしていきたいです。

すいすいぐみ     山崎

0

すいすい組の1日~ONとOFF~

今年も残り1ヶ月になり、明日は待ちに待ったお楽しみ会です。

昨日はそのまとめとして劇の練習を行いました。

しかしずっと気を張っていても長続きはしませんよね。

子ども達がなるべく集中できるよう、ONとOFFを切り替えながら取り組んできました。

OFFでは好きな遊びを友だちと一緒に思いっきり楽しみ

ONでは自分の出番はもちろん、友だちの出番も見て集中して取り組んできました。


その中で昨日は最後の練習の日。

朝から

「今日が最後の練習の日やもんね!」

と子ども達から最後の練習を頑張るぞ!

という意識を感じましたし

自分の出番が終わり、友だちの出番を見てる時に

友だちの練習から刺激を受け自分ももっと頑張りたいと思ったのか

「もう一回やりたい」

という声も聞こえてきました。

こちらから言うまでもなく、いい緊張感を持ち取り組む姿がとても頼もしかったです!

明日の本番では子ども達、保護者の皆様、保育者の全員で楽しみましょう!

すいすい組 岩永

0

すいすいぐみ~友だちの輪~

昨日はお楽しみ会リハーサルでした。

前回に比べると格段にセリフの声も
大きくなり、子ども達もそれぞれに自信がついてきているように見えました。

本番まであと少し。

その自信をより高めて行きながら
去年より成長した姿を見てい頂きたいと思います。

さて、そんなリハーサルの後のことです。
楽しみにしていたお弁当の時間、
こんな姿がありました。


男女それぞれに自分たちで大きな輪になって

お弁当を食べようとする子ども達。

行事に向けて、
クラスが一丸になって取り組む姿勢が
自然とこの輪を生んだのだと思います。

園生活最後のお楽しみ会。
大人の私たちが色々言わなくても、

『みんなで頑張ろう!!』

そんな意気込みが、子ども達の背中から感じられました。

すいすいぐみ    山崎

0

すいすいぐみ~小学生になる前に~

小島小学校の1年生と、交流に行きました。

去年まで一緒に生活していたお兄さん・お姉さんがたくさんいたので、
すいすいぐみの子ども達もリラックスして
交流を楽しんでいました。

交流の中で…
実際に1年生の教室に入ってみたり…

ランドセルをからってみたり…

漢字の練習帳を見せて貰ったり…

『1年生ってこんなことするんだ!!』
ということを沢山教えてもらい、雰囲気もたっぷり感じることが出来ました。

また、そんな中で
『小学生になるまでに…出来るようになりたいこと』も見えてきました。

・ハンカチやティッシュをポケットから出して使うこと。


・和式トイレが使えるようになること。
・話を聞く時は話す人の方を向くこと。等…

様々な収穫のあった交流会でした。

 

就学まで約4ヶ月。
今回の気づきを参考にしながら、
出来ることを増やしていきたいです。

すいすいぐみ          山﨑

0

すいすいぐみ~体感~

お昼寝前にこんな会話がありました。

「見て!この恐竜13メートルだって!13メートルってどれくらいかな?」

恐竜の図鑑を見ながらそう言っていました。

 

 

 

 

 

そこで…

 

 

 

 

 

「ほら!あそこに〇〇メートルって書いてあるよ!」と園庭を指さし教えてあげると、

すぐに園庭に出て自分の目でその大きさを実感し、感動していました。

(園庭には25メートルまで表示しています。)

 

 

 

 

 

『ティラノサウルスの体調は13メートル』

 

ただ図鑑を見て学ぶよりも、

体感して分かったこの知識はきっと絶対に忘れないものになるでしょうね。

 

ちなみに…

「重さは〇〇トンだって!」と…。

次は重さを体感できる環境を準備しなくてはいけませんね。

 

すいすいぐみ  山﨑

 

0

すいすい組の1日~不思議な発見~

火曜日、戸外でブランコやシャボン玉で遊んでいると
「わー、すごい!」
「先生、来てー!」
と呼ばれたので行ってみると

なんとシャボン玉が割れずに地面に残ったままだったのです!
月曜日の雨の影響で地面が湿ったままだったお陰か
シャボン玉が地面に落ちても割れないという不思議な発見をしたすいすい組。

その後、この発見に興味を持った子ども達でシャボン玉を沢山地面に吹きかけると

なんとも綺麗な泡の塊が出来上がりました!

「なんか、カエルの卵みたい!」
「綺麗な山だよ!」
と色々な意見が出ていましたが
シャボン玉をしていた子ども達は皆、とても満足気な表情をしていました。

偶然見つけた不思議な発見が、普段のシャボン玉をより楽しめる要素になったようでした。

すいすい組 岩永

0

すいすい組の1日~スペシャルタイム②~

先週お伝えしたスペシャルタイムですが
楽しくご飯を食べること以外にも、意識して取り組んでいる事があります。

それはしっかりと座る時は座る。
これから先、必要な食事のマナーにも意識をしながら取り組んでいます。

食事の時には
「いただきます」「ごちそうさまでした」
勉強を教えてもらった時には
「ありがとうございました」

といった、日常生活に必要な挨拶や正しい言葉遣いも学んでいます。

また、食後のお勉強タイムに意欲的に取り組み

小学校に向けて楽しみが膨らんできているようです。

取り組むことによって、子ども達も言葉の使い方や態度を少しずつ学んでいるようです。

スペシャルタイムでは、楽しみながらもメリハリをつけながら過ごしています!

 

すいすい組 岩永

0

すいすいぐみ~みんなで~

最近こんな姿が色々な場所で見られるようになりました。

以前は…
・同じブロックでもそれぞれが好きなものを作る。
・使いたい物が一緒でトラブルになる。
ということが多かったのですが、
現在は…
・友だちと協力しながら1つの物を作りあげる。

こんな嬉しい場面が多く見られます!!

友だちと話し合いながら、
知恵を出し合いながら、
力を合わせて協力しながら…

その事で、遊びの『楽しさ』が倍増することを知ったのでしょう。

自分だけが良ければそれでよい。
ではなく、
他者の思いも受け止めながら、
主張したり譲りあいながら互いを尊重する関係性が少しずつ出来てきているな、と感じる今日この頃です。

すいすいぐみ      山崎