0

にこにこ組~まつぼっくりがあったとさ~

「まつぼっくりがあったとさ♪」

子ども達が大好きな季節の歌です。
歌詞に合わせてお猿さんになってみたり、身振りを交えながら楽しんでいます。

でも、「まつぼっくり」ってどんなもの?

残念なことに、散歩に出掛けても見つけることが出来ませんでした。

こんなに子ども達が身近に感じているものなのに、見ることができないなんて!

そこで、ちょっとした演出をしてみることにしました。

 

園庭での遊びの時に、木の下にごろごろとまつぼっくりを散らしてみたのです。

まつぼっくりを見つけた子ども達は、「これなあに?」というような顔をしています。

ゴツゴツとした面白い形に「怖い」と言う子どももいました。

「まつぼっくり」の歌と実物が重なり合った瞬間でした。

まつぼっくりを実際に見た後は、このまつぼっくりを使ってクリスマスの製作を楽しんでみました。
まつぼっくりに綺麗なスパンコールやカラフルな飾りをつけて、小さなクリスマスツリーに変身させてみました。

歌から始まったまつぼっくりへの取り組みが、クリスマスへと繋がりました。
可愛いツリーがクリスマスを彩ってくれそうです。

にこにこ組 前田

0

にこにこぐみ~一緒に~

以前に比べるとずいぶん言葉が出て、
おしゃべりが上手になったにこにこぐみ。

友達との関わりの中で、
コミュニケーションの手段として言葉を使うようになった子が増えてきました。

「一緒にしよう」
「ここだよ」

そのおかげで、
「お友達と一緒に」
という姿が、最近多く見られます。

 

 

 

 

 

 

これから更に、
子ども同士の関わりが深まって行き、
「友達と一緒に遊んだら楽しいな」
と感じていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな子ども同士の関わりを大事にしながら、
言葉や思いを代弁したり、橋渡しとなりながら
サポートしていきたいです。

にこにこぐみ 山崎

0

にこにこ組~じぶんで~

12月に入りました。
12月は子ども達にとって楽しみの多い月です。体調に注意しながら、ワクワクの気持ちを広げていきたいです。

幼児クラスのお楽しみ会が終わりました。にこにこ組の子ども達はお兄ちゃん、お姉ちゃん達が練習している様子を見せてもらったりしながら、いつもと違ったお兄ちゃん達の真剣な様子を感じることが出来ました。

2月には乳児クラスのお楽しみ会があります。
内容はまだまだ検討中ですが、日頃の子ども達の楽しみを繋げていきたいと思っています。

さて、話は変わっておやつの時間の出来事です。
今が旬のみかんがおやつに出ました。
最近のにこにこ組の子ども達は「じぶんで」出来ることが増えています。
みかんの皮を剥くのも、勿論「じぶんで」
器用にサッと剥いている子どもがいれば、うまくいかずぐちゃぐちゃになっている子どももいます。
でも、どの子どもも諦めず、おいしいみかんを食べることが出来ました。

「じぶんで」
素敵な言葉ですね。

にこにこ組 前田

0

にこにこ組の一日~指先を使って~

この一年で指先の動きが少しずつ器用になってきた にこにこ組さん。

ボタン付け遊びやシール貼り


 

 

 

 

 

どちらも真剣に集中して取り組んでいる姿があります。

指先を使った遊びを行うことで脳への刺激にも繋がります。

お家でも以前まで出来なかったことが、いつのまにか出来るようになった!という場面はありませんか?

たくさんの出来た!を積み重ねてたくさん褒めてもらい、これからも色んなことにチャレンジしていけたら良いですね。

 

中村久

0

にこにこ組の一日〜真似っこ〜

真似っこが大好きなにこにこ組さん。

毎朝気付いたら小さなお手伝いさんが

背伸びしながら、窓拭きをしてくれています。

微笑ましい姿です。

保育者がしていることをよく見ている証拠ですね。

綺麗になった喜びや「ありがとう」と感謝される嬉しさを感じているようでした。

次はどんな真似っこ見せてくれるか楽しみです。

中村久

 

0

にこにこ組 ~キラキラの眼差し~

子ども達のキラキラした眼差し!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その先には、一体何があるのでしょう?

 

それは…

 

 

 

 

 

 

カマキリ!!

 

 

寒さを感じる気候になっても、虫達も活動しているのですね。

 

カマキリが少し顔を動かすだけで、大喜び!

足で顔を撫でるのを真似するお友だちもいましたよ!

男の子だけでなく、女の子も長い時間じっと観察する姿が見られました。

 

 

子ども達が見つめる先は、発見の喜び、憧れ、楽しみや興味の高まりで、キラキラと輝いて見えている事でしょう!

そんな子ども達の思いを共有し、大切にしていきたいと思います。

 

 

にこにこ組 松尾

 

 

 

0

にこにこ組 ~相手の気持ち~

積み木で集中して遊んでいる2人のお友だちがいました。

はじめは、それぞれ別の物を作って楽しんでいましたが…

Aちゃんは、Bちゃんが作っている様子を見て、ある事に気が付きます。

(↑Bちゃんが作っていた様子です。)

 

「Bちゃんは、緑の積み木を集めてる!」

 

そこで、すぐに緑の積み木を手に取ると、

「はい、どうぞ!!」と渡してくれました。

 

Bちゃんは、自分が集めていた積み木を受け取りにっこり!

その後は、2人で協力して楽しく塔を作っていましたよ!

 

言葉としてのやり取りは少なかったのですが、相手の行動を見て、今何をしようとしているのか、何をしてあげると喜んでくれるかをしっかりと考えている事が分かる1コマでした。

 

自分の思いだけでなく、相手の思いも大切にできる、そんな優しい気持ちも育んでいきたいです。

 

にこにこ組 松尾

 

 

 

 

0

にこにこ組~壁ぺったん~

子ども達が得意な「壁ぺったん」

ダンスの音楽が流れるまで

壁側に座って待っているのです。

初めは保育者を真似してしていた事ですが

今では子ども達自身でしていますよ。

「次はダンスの時間だ、座って待っておこう」と

子ども達なりに考えて行動しているのです。

他にも、

おやつの後にはお集まりの場所で座って待ったり

昼寝から起きたら自分でトイレに行ったりなど

1日の流れや活動の流れを覚えて

行動する姿が見られるようになってきました。

小さな子ども達でも、

見通しを持って1日過ごせるように

「次は何が始まるだろう」と

ワクワクドキドキするような

活動や環境の工夫をしていきたいと思います。

にこにこ組  西村

0

にこにこ組~積木で~

色々な玩具がある中で、少し素朴にも感じる「積み木」

赤や青、黄色などの沢山の色と

四角や三角、丸などの様々な形があります。

どのようにして遊ぶのかな?と見守っていると、、

同じ形の積み木を集めてみたり

三角の積み木を組み合わせて四角を作ろうとしてみたり

積み木は遊び方が決まっていない分、

子どもによって遊び方はそれぞれです!

保育者はそれぞれの遊び方を認め

共感したり、遊びが発展するように介入したりしています。

子ども達一人ひとりの発想や想像力を大切にしていきたいですね。

 

にこにこ組 西村

0

にこにこぐみ~外の景色~

しばしば広場(乳児クラスの園庭)には、

砂場や固定遊具などの他に

もう1つ子ども達が大好きなものがあります。

それは、 「景色」です。

柵の向こうに見えるもの全てが、

子ども達にとっては刺激的で、 心がワクワクするものです。

それは、 パン屋さんに来ていたトラックだったり、

お散歩中の犬だったり……

「何を運ぶのかな?」 「お散歩どこに行くのかな?」

そんな会話を楽しみながら

想像力をも掻き立てられる 大事な環境の1つです。

 

 にこにこぐみ 山崎

0

にこにこぐみ~表現遊び~

子どもたちが大好きなお話しを 今日はごっこ遊びにしてみました。

何度も読んだ本なので

ストーリーもよく分かっている子も多く、

いつもは少し怖いオオカミも へっちゃらだったようです。

遊びの中で言葉のやりとりであったり 表現力であったりと、

子どもたちのまた違った姿が見られ楽しい一時となりました。

お楽しみ会まではまだ少しありますが、

日々遊びの中でやっていく中で味わう

「表現する楽しさ」をお家の方にもお見せできたらと思います。

お楽しみに!!(まだ少し先ですが笑)

 

にこにこぐみ 山崎

0

にこにこ組~なりきって遊ぼう~

今週はハロウィンパーティというお楽しみもあり、子ども達にとって変化のある週でした。

ハロウィンでは、子ども達と一緒に作ったかぼちゃのお面と服を着てかぼちゃに変身。最近のお気に入りの「グーチョキパーでパンプキン」というダンスを楽しく披露しました。
仮装を嫌がる子どももいましたが、ステージでのダンスは楽しんでくれました。

 

 

 

 

 

 

室内遊びでは、遊び歌の「3びきのこぶた」や絵本の「おべんとバス」から遊びを発展させて、簡単な劇遊びを楽しんだり、製作あそびとしてお弁当を作ったりしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの活動も、イメージを膨らませて楽しむ遊びです。子ども達の理解力が深まり、想像する楽しさが広がっているようです。

かぼちゃ、こぶた、そしてお弁当屋さん。

子ども達が楽しくイメージを膨らませられるように、毎日の会話のやり取りを豊かに楽しみたいと思っています。

にこにこ組 前田