0

にこにこぐみ~おしゃべりって楽しい~

最近子ども達の中で大人気の『ままごとゾーン』

以前は好きな玩具をとって持ち歩く事も多かったのですが、

最近ではお皿やお弁当箱に食べ物を入れたり、

数人でテーブルを囲みお茶を飲む真似をしたりと、

遊び方に変化が見られるようになりました。

そんな時は近くでそっとその姿を見守ります。

すると、 『はいどーぞ』『かーしーて』などの言葉が時々聞こえてきます。

まだまだ言葉で思いを伝える事は難しいにこにこ組ですが、

遊びを通して『おしゃべりって楽しい!!』の気持ちを沢山味わって欲しいです。

にこにこ組 山崎

0

にこにこぐみ~自然の恵み~

梅雨の合間、久しぶりに外に出て楽しみました。

外に出ることが嬉しくて、

それぞれに好きな遊びを見つけ体を動かして遊んでいた子ども達。

そんな中で、 にこにこ組が育てているきゅうりが大きく生長していることに気づきました。 早速子ども達に見せてみると、 明らかに今までに見たきゅうりのサイズとは違う事が分かったのか、 『わーーー!』『おおきいねーー!』 と口にする子も…。

もちろんその場で収穫し、 触ったり匂いをかいだりしながらみんなで観察しましたよ。

ついマイナスに捉えがちな雨が、

子ども達に貴重な体験をプレゼントしてくれました。

自然の恵みに感謝した一時でした。

山崎

0

にこにこ組〜大切な時間〜

環境変えをした今週、部屋での過ごし方に少し慣れてきた様子のにこにこ組です。

自分の遊びに夢中だった子ども達も、一緒に過ごしているすくすく組の子ども達に興味が出てきているようです。

ラックに座っているすくすく組さんに近づいて「よしよし」となでてあげたり、おもちゃを持たせたり、小さいお友だちを可愛がる様子が見られるようになりました。
まだ力加減がわからない子ども達に、あわてて「優しくね」と声をかけることもありますが、可愛がろうとする気持ちが出てきたことに、嬉しさを感じています。


また、にこにこ組のお集まりでは、長椅子に座って絵本の読み聞かせを楽しむ様子も見られました。


ちょっとした環境の変化が、子ども達の集中力にも関係しているのだと感じました。

すくすく組と触れ合いながら楽しむ時間、にこにこ組での活動を楽しむ時間、どちらも子ども達には大切な時間です。

新しい環境の中で、子ども達にとって大切な時間を過ごしていこうと思います。

にこにこ組 前田

0

にこにこ組~新しい環境~

7月に入りました。
梅雨の真っ只中です。
毎日の雨に少しうんざり。
そんな気持ちを振り払うように、室内の環境を変えました。
今回は、すくすく組と一緒に過ごすことを考えて、すくすく組にとにこにこ組の枠を越えての大きな環境変えです。

食事、遊びの場を2クラスで一緒に過ごせるようにしました。
お兄ちゃん、お姉ちゃんであることを少し意識してくれたらいいな、との意図もありますが、まずは梅雨の季節でも飽きることなく楽しめることが第一です。

今まではなかった運動遊びのゾーンは大人気です。階段のマットを登ったり降りたり、しっかりとした足取りで楽しんでいます。
「お友達と順番に」という経験もしながら、あわただしい中にも、意欲的な様子が見られます。


これから、すくすく組との関わりを広げながらどんな姿を見せてくれるのか、保育者もワクワクした気持ちです。より楽しい環境となるように、改善していこうと思っています。

にこにこ組 前田

0

にこにこ組の一日〜どんぐりの背比べ〜

真似っこが大好きなにこにこ組さん。

先日はこんな場面が

数人の子ども達が壁にぺったんと背中を付けて並んでいると…

次々に集まって

どんぐりの背比べ状態!!

 

言葉の意味は違いますが、みんなで真似っこしてなんだか楽しそうな場面でした。

子ども達から始まった遊びが広がる瞬間は見ていて嬉しくなります。

これからもそのような場面を見逃さずに、 たくさん認めていきたいです。

次はどんな真似っこ遊びが始まるかな?

お楽しみに!

 

中村久

 

0

にこにこ組の一日〜感触遊び〜

いよいよ梅雨入りとのこと。

日中は蒸し暑く、朝夕は肌寒い日もあり体調管理も難しい季節ですね。

急な発熱があったりと子ども達の体調の変化に気を配りながら過ごしています。

ご家庭でも変わった様子があれば教えて下さい。

さて、暑い日には水遊びが最適!

先日は泥んこ遊び、そして寒天遊びを楽しみました。

ダイナミックに身体全体を使って感触を楽しんでいました。

まさに泥んこパックでした。

初めから最後まで泥んこ遊びに熱中する子もいれば、お友達の様子を見て後から参加する慎重な子もいます。もちろん苦手な子も。

足に少し泥を乗せて遊んでみようとするきっかけを作ったりしました。時間をかけて慣れていく子もいます。

それぞれのペースで楽しむことを大切にしたいですね。

色とりどりの寒天をタライに入れて、見ていても涼やかな寒天遊び!

保育参加のお母さんの手の中にたくさん集めて、一緒に感触を楽しんでいました。

ツルツルした寒天が手から逃げてしまうのもまた楽しかったようです。

このような感触遊びは、子ども達の「五感」を最大限に刺激し、脳の発達を促します。

これからも「五感」をフルに使って、人間の原点である“感覚”を発達させる遊びを取り入れていきたいと思います。

 

中村久

0

にこにこ組~泥んこ遊び~

にこにこ組初めての泥んこ遊び!

全身を使って思う存分泥の感触を楽しむ子どもや

 

コップの型が取れる事を発見して楽しそうに遊ぶ子どもなど

子ども達の遊び方は様々でした。

泥んこ遊びは「汚れる、面倒、後が大変!」とつい大人は思ってしまうものです。

ですが、泥んこ遊びを通して

心身ともに開放的になったり、五感が刺激されたり、

想像力が身に付いたり、、など

子ども達にとって、とても大切な経験なのです。

これからも子ども達にとって良い経験を

大切にしていきたいですね。

にこにこぐみ 西村

0

にこにこ組~遊びの成長~

最近、子ども達の「遊び」が成長してきていると感じます。

お皿に食べ物を沢山入れておままごとを楽しんだり

きちんと椅子に座ってパズルに挑戦したり

おもちゃの使い方を理解して、その「遊び」に夢中になる姿が見られるようになってきました。

子ども達は、友達や保育者と一緒に遊びながら

楽しい「遊び」を毎日探しているのだと思います。

「遊び」は子ども達にとって、大切な「学び」です。 

子どもが楽しい、面白いと感じながら「遊び(学び)」を満たせるような道具や環境を作っていきたいです。

にこにこぐみ 西村

0

にこにこぐみ~優しい心~

遊びの中でこんな姿を見つけました。

泣いているお友達に、 そっと近づき頭を撫でてくれているのです。

その姿を見て、 周りの子も真似してよしよししてくれました。

子ども達の『優しい心』が垣間見えた瞬間でした。

これから、成長の過程の中で『友達との関わり』の場面がどんどん増えていきます。

どんなときもその『優しい心』を忘れずに 大きくなって欲しい…。

そしてもっともっと『優しい心』を育んでいきたいです。

にこにこぐみ 山崎

0

すくすく・にこにこ・のびのび ~ファミリーデイ~

すくすく・にこにこ・のびのび組、それぞれのクラスで、大好きな家族に子ども達の笑顔をプレゼントしたいと思い、製作しました。

今年は全クラス、キーホルダーのプレゼントです。

バッグ等に付けて、子ども達の可愛い笑顔に癒されてください。

 

裏面はこのようになっています。

いつもありがとう!

と、感謝の気持ちを込めて作っていますので、大事に使って下さいね。

 

明日お渡ししますので、お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

0

にこにこぐみ~夏野菜~

にこにこぐみも夏野菜を育てています。

しばしば広場に出ると、 覗いてみたり 葉っぱを触ってみたり 実際に身を掴んでみたりと それぞれの方法で観察し、生長を楽しみにしているところです。

そんな中、 きゅうりの実がなりました!!

初めての『収穫』 写真からも分かるように、 保育者の様子を興味津々で見ていました。

実際に触り、ブツブツの感触を味わい 野菜ならではの匂いをかぎました。

 

このきゅうりを使い、 近々にこにこぐみ初のクッキングを行う予定です。

野菜が苦手な子も多いにこにこぐみですが、この栽培やクッキングを通して少しでも関心を持ち『食べてみようかな』という意欲に繋がればいいなと思っています。

その時どんな反応をするのか… とても楽しみです。

にこにこぐみ 山崎

0

にこにこ組〜こんな遊び方見つけた〜

梅雨入りが間近になってきました。
これから室内での生活が長くなってくることを見越して、子ども達が室内で楽しく過ごせるような環境を整えようと色々と準備しています。

子ども達が今何に興味があるのかを考えて、遊びに変化をつけられるような物を考えました。

ダンボールで作った家、引っ張って遊ぶ車、ミニカーの道路や電車の線路。

子ども達の遊びが発展しそうな物を準備すると、目を輝かせて遊び始めます。

ダンボールを切って作った窓からは、顔を出して「ばあっ!」
電車は連結させて線路を走らせます。


今度はどんな玩具が必要なのか、考えて準備する保育者の方も楽しみが増します。

にこにこ組 前田