0

ブログ:にこにこの1日~石集め~

お外遊びで最近流行っているのが
「石集め」です。

子どもたちは視線が低いので、
私たち大人よりも落ちている石を見つける事が上手です。

見つけると「ほら!!」っと
必ず保育者に見せてくれるにこにこぐみさん。
手にいっぱいの様々な石を見ながら、

「大きいね」「小さいね」や
「1、2、3…」と数を数えたりしながらしばらく観察しています。

何気ない石集めですが、
そこから形や大きさ、数など様々な学びに繋がります。子どもたちの興味から、自然な形で学べるような共感や声掛けを心がけています。

山崎

0

にこにこ組~お楽しみ会へ向けて~

乳児クラスのお楽しみ会が近づいて来ました。
劇ごっこやダンス等の表現遊びを楽しみながら、準備を進めているところです。

表現遊びに使う道具はただ今準備中ですが、出来るだけ子ども達と一緒に作っていこうと思っています。

そこで、「3びきのこぶた」の家の模様をクレヨンで描いてもらいました。
いつものお絵描きの紙とは違って何だか面白い形!どんどん線が繋がっていき、止まりません。


「ぶたさんのかっこいいおうちにしようね」そんな声をかけながら、楽しい時間が続きます。

お楽しみ会へ楽しさが広がります。

 

今週は、にこにこ組にとって寂しい出来事がありました。
ギターが得意なK先生が産休に入り、しばらくお別れになります。
ギターでのお集まりが大好きなにこにこ組さん、最後の一日はギターに合わせてノリノリの時間を楽しみました。


K先生、可愛い赤ちゃんを産んでね。

にこにこ組 前田

0

にこにこ組~ミルクどうぞ~

にこにこ組のままごとコーナーに哺乳瓶が仲間入りしました。

哺乳瓶を見つけた子ども達は大喜びで哺乳瓶を手に取り、人形を抱っこしてミルクを飲ませています。

優しく人形を抱っこして、口に哺乳瓶をあて、そっと飲ませています。
その様子はまるでお母さんのようです。


隣のすくすく組の赤ちゃんがミルクを飲んでいる様子を目にしたり、弟や妹がいる子ども達にとっては毎日目にする身近な光景なのでしょう。

つい最近までは自分達が飲んでいたのに、今はお世話する役を演じている。
子ども達の成長を感じずにはいられません。

模倣をすることで楽しさを広げているにこにこ組の子ども達です。

にこにこ組 前田

0

にこにこ組の一日〜ありがとう〜

愛宕ピノキオこども園では、担任だけでなく全職員で子ども達を見守り育んでいます。

保育教諭はもちろん、お食事を提供してくれている栄養士さん達、怪我をした時にはすぐ対応してくれる看護師さん、そしてバスの運転や園内を綺麗に保つ為、暑い日も寒い日も整備に当たっている愛宕の運転手さんです。

 

昨日は冷たい風が吹く中、しばしば広場のテラスを綺麗にしてくれていました。

 

にこにこ組の子ども達もすぐに気付いて…

その姿をじっと見つめていました。

すると「Mさん、ありがとう〜!」と嬉しい言葉が聞こえきました。

「Mさん、がんばって〜!」

この声を届けなければと、窓を開けて直接伝えました。

 

「みんなが気持ち良く遊べるようにしてるからね〜!」とお返事が返ってきました。

 

子ども達の心の中では、きっと色んな人が側で見守ってくれているんだという温かさを感じていると思います。

これからも「ありがとう」の気持ちを大切に、伝え合っていきたいです。

 

中村久

 

 

0

にこにこ組の一日〜お正月遊び〜

休み明け、お友達や保育者との再会を喜び、笑顔で登園していたにこにこ組さん。

今日はお正月遊びを楽しみました。

コマ回し

保育者の真似をして、試行錯誤しながら回していました。

カルタ遊び

絵を合わせをお友達と楽しむことが出来ていました。

福笑い

色んなお顔が出来て、みんなで盛り上がっていましたよ。

お正月遊びには、それぞれ由来があります。

例えば、福笑いは「笑う門には福来たる」という意味があり、新年が笑顔で始まると縁起が良いとされています。

昔から伝わる伝承遊びに親しみ、お友達と一緒に楽しむことでその様な意味も伝わると良いなと思います。

今年も笑いに満ちた一年になりますように。

中村久

 

 

0

にこにこ組 ~様々な遊び方~

保育室には、様々な玩具が準備されています。

1つの玩具でも、子ども達の遊び方は様々です!

 

これは動物や恐竜のフィギュアで恐竜を戦わせたりして遊ぶ事が多いのですが、このお友達はブレーメンの音楽隊のように動物を重ねて楽しんでいましたよ。

 

これはスポンジの積み木ですが、積み上げるのではなくパズルのように敷き詰めて遊んでいます!

 

 こちらは並ぶ時用に床に貼ってあったテープを線路に見立てて電車を走らせて楽しんでいます。

子ども達の遊びを見ていると“そんな遊び方・使い方があるのか!”と感心させられる事が多々あります!

そんな発見を見逃さず、さらに広げられるようにこちらも柔軟な頭で遊びのアイディアを出していきたいです。

 

気づけばもう年末! にこにこ組も自分達でお世話になったお部屋を掃除しました。

みんな一生懸命拭いてくれたので、気持ち良く新年が迎えられそうです。

 

今年も一年お世話になりました。

来年も子ども達の笑顔がたくさん見られるよう、全力でサポートしていきます! どうぞよろしくお願い致します。

良いお年をお迎え下さい。

 

にこにこ組 担任一同

 

0

にこにこ組 ~お店屋さんごっこ~

最近はままごと遊びなどで、子ども達同士でも言葉のやり取りが増えてきているにこにこ組!

そこで、今日はみんなでお店屋さんごっこをしてみましたよ。

いざ! チケットを持って、カナッペ屋さんへお買い物!

チケットを渡し…

 

クラッカーとソースの種類を選びます…

 

普段の遊びの中では、たくさん言葉が出る子ども達も、今日は緊張気味…

しかし、自分が食べたい物は、指差ししてしっかりと伝えてくれましたよ!

お代わりは自由でしたが、みんな次から次にもらいに来て、大盛況!!

 

また、このお店屋さんごっこでは、お店屋さんとのやり取りだけでなく、こんな姿も見られました!

 

1回目にもらいに行くときには、テーブル毎に順番で行きましたが、他のお友だちが行っている時でも、しっかり椅子に座って待つ事ができました!

 

並ぶ所にテープを貼って印を付けていると、並ぶ時には、そのテープを確認して並ぶ姿もありましたよ!

 

楽しく、美味しく、子ども達も大満足の活動となったお店屋さんごっこ。

また、子ども達の遊びの様子から、楽しい活動を考えていきたいです。

 

にこにこ組 松尾

 

0

にこにこ組~物の名前~

車や食べ物などが貼られたマグネット!

今までは指先を使って、、取ったり付けたりして楽しんでいた遊びですが、

久しぶりに出してみると、、

「みて!うさぎさん!」「これなに?」「おすしどうぞ!」など、沢山の言葉が聞こえてきましたよ。

成長と共に遊びも変化しています!

保育者や子ども同士で会話しながら

物の名前を覚えているのですね。

遊びや絵本の中、時には実物を見て

楽しく物の名前を覚えていけたらと思います。

にこにこ組 西村

0

にこにこ組~いつも通りの姿~

雨の中、いつもと同じ室内遊びでも、、

この日は2階のランチルーム(ステージ)へ!!

 

2階に上がって遊ぶ事にも慣れてきた様子で

ブロックやプラレールなど、自分の好きな遊びを見つけて楽しむ子ども達。

最後はステージで楽器遊び!

幼児組さんの観客がいる中でも

普段のようにノリノリのにこにこ組さんでした!

ステージに立つ事に慣れたり

友達と一緒に表現する楽しさを感じたり

いつもと変わらない1日のようで、

お楽しみ会に向けての練習の1つなのです。

つまり、練習はいつも通りの子どもの姿です。

そのありのままの子ども達の姿を

ステージ上で見せられるよう

日々の保育の中で工夫をしていきたいと思います!

にこにこ組 西村

0

にこにこぐみ~宝物いっぱい~

今週クラス全員で散歩に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

散歩に行った先は、
遊具がある公園ではなくただの広場。

それでも子ども達にとっては
とてもとても楽しい場所なのです。

その理由は、
様々な草花や木の実などの自然物が沢山あるから…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大人の目線では見つける事が出来ない小さな実も、子ども達にとっては宝物です。

 

 

 

 

 

 

先日の製作も含め、日々の生活の中で
時にこういった自然物に触れながら
想像力を膨らませたり、季節を感じる時間も
大事だと感じさせられるひと時でした。

にこにこぐみ 山崎

0

にこにこ組~まつぼっくりがあったとさ~

「まつぼっくりがあったとさ♪」

子ども達が大好きな季節の歌です。
歌詞に合わせてお猿さんになってみたり、身振りを交えながら楽しんでいます。

でも、「まつぼっくり」ってどんなもの?

残念なことに、散歩に出掛けても見つけることが出来ませんでした。

こんなに子ども達が身近に感じているものなのに、見ることができないなんて!

そこで、ちょっとした演出をしてみることにしました。

 

園庭での遊びの時に、木の下にごろごろとまつぼっくりを散らしてみたのです。

まつぼっくりを見つけた子ども達は、「これなあに?」というような顔をしています。

ゴツゴツとした面白い形に「怖い」と言う子どももいました。

「まつぼっくり」の歌と実物が重なり合った瞬間でした。

まつぼっくりを実際に見た後は、このまつぼっくりを使ってクリスマスの製作を楽しんでみました。
まつぼっくりに綺麗なスパンコールやカラフルな飾りをつけて、小さなクリスマスツリーに変身させてみました。

歌から始まったまつぼっくりへの取り組みが、クリスマスへと繋がりました。
可愛いツリーがクリスマスを彩ってくれそうです。

にこにこ組 前田

0

にこにこぐみ~一緒に~

以前に比べるとずいぶん言葉が出て、
おしゃべりが上手になったにこにこぐみ。

友達との関わりの中で、
コミュニケーションの手段として言葉を使うようになった子が増えてきました。

「一緒にしよう」
「ここだよ」

そのおかげで、
「お友達と一緒に」
という姿が、最近多く見られます。

 

 

 

 

 

 

これから更に、
子ども同士の関わりが深まって行き、
「友達と一緒に遊んだら楽しいな」
と感じていくのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな子ども同士の関わりを大事にしながら、
言葉や思いを代弁したり、橋渡しとなりながら
サポートしていきたいです。

にこにこぐみ 山崎