わくわく組~余韻~

今日はお楽しみ会の大道具を解体しました。すると・・・

 

 

子ども達が集まってきて作業を手伝い始めました。

 

 

「これは、井戸だったよね」、「オオカミの首がとれたー!」など余韻に浸りながら。

 

 

ゴミも下まで運んでくれました。

お楽しみ会の余韻に浸りながらも、後始末まで責任を持つことで、最後まで自分達でやったという自信に繋がります。その自信は今後の成長にも繋がります。子ども達にはしっかり劇を演じきったことで、余韻を楽しむ余裕が心の中に出来たんですね。

 

わくわく組  近江

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)