すくすく組の一日〜砂場…すくってすくって〜

園庭に出て、砂場で遊んでいる子ども達を見ていて、あることに気付きました。
それは、子ども達がスコップで上手に砂をすくっていること。

今までは、スコップを持っていても、持っているだけで満足している様子でしたが、今日は違います。ちゃんと、スコップとしての使い方をしているのです!

砂をすくっては、お皿やコップに入れようとしているのです!


子ども達の成長と共に、遊び方、道具の使い方が変化しているのを目の当たりにして、とても喜びを感じた出来事でした。

食事の時間が近づき、「お部屋に戻ろう」と声かけると、なんと大の字に寝転び、「まだ遊びたーい」と体いっぱいで表現している子どもがいました。それほど砂遊びが楽しかったのですね。

これほど夢中になって遊べていることを、とても頼もしく感じました。

これからも、夢中で遊べることを、子ども達と探していこうと思っています。

すくすく組 前田

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です